• ちつのケア

    2018年2月9日

    最近、デリケートゾーンのケアについて女性誌やインターネットでもよく見られるようになりましたが、
    日本人女性は欧米人に比べて、デリケートゾーンについては意識も知識も低いんだそうです。

    今、現代女性はストレスフル。
    しかも睡眠時間が短く、食事の時間もまちまちなど、生活サイクルが不規則な人が多くなっています。
    これらはすべて、デリケートゾーンの冷えを引き起こす原因なんだそうです。
    書籍、『ちつのトリセツ 劣化はとまる』の監修を務めたたつのゆりこ先生は、警鐘を鳴らします。

    「過度に緊張したり、ストレスにさらされることで特に膣内は冷えます。下腹部が冷たい人は、要注意。そしてそれが続くと、さまざまな弊害が起こる。膣内は冷えると乾燥しやすく、カチカチに硬くなります。その状態ではセックスをしてもオーガズムを得ることはできないし、中には性交痛を感じるひともいます。さらに、生理不順や生理痛、頭痛や肩こり、中には20代で出産経験もないのに、骨盤底筋が衰え、便秘や尿失禁などに悩まされる人も。肌荒れや乾燥など美容面にも影響が出てきます」

    なんとも怖いお話ですね。

    冷えチェックリスト
    ? PC、スマホをよく見る
    ? 夜型生活
    ? ストレスや緊張を強いられることが多い
    ? 冷え性
    ? セックスレス
    ? 砂糖をとりすぎている
     
    現代女性ならほとんどの人が、思い当たるものばかり。この中で1つでも当てはまれば、膣が冷えてる恐れあり!
    もはや、知らなかったでは済まされない状況です。

    よもぎ蒸しは、直接会陰や子宮を温めるので、大切な女性のパーツである膣も温めてくれます。

    よもぎ蒸しに入りながら肛門をきゅっと締めることを繰り返すことで骨盤底筋のゆるみも少なくなります。

    大切な女性のパーツを労り感じることで改めて女性を感じる、そんな時間を是非よもぎ蒸しで味わってみませんか?