• 腹式呼吸で代謝アップ

    2017年6月21日

    簡単に代謝アップできる方法があります。

    それが『腹式呼吸』

    腹式呼吸を意識することで、インナーマッスルを鍛え代謝アップや引き締め効果でダイエットも出来ます。

    普段起きている時の私達の呼吸は胸式呼吸、寝ている時の呼吸は腹式呼吸になっています。

    寝ている人を見てみると、呼吸に合わせてお腹が上下しているのが分かるかと思います。しかしながら、普段起きている時にはそうなっていないのです。
    呼吸に合わせてお腹を膨らませたりへこませたり、お腹をポンプとして使う呼吸を腹式呼吸と呼びます。
    この腹式呼吸を意識することでインナーマッスルを鍛えることに繋がり、結果としてウエスト周りのサイズダウンなど、お腹周りをスッキリさせる効果があります。

    よもぎ蒸しに入りながら、この腹式呼吸をすることでさらにダイエットが進みます。

    腹式呼吸のやり方ですが

    1.鼻から息を吸って口から吐く

    この時、12秒かけて息を吐くようにして欲しいのですが、12秒持たせようと細く息を吐くのではなく、体の中にある空気を全部吐き出すようなつもりで行って下さい。
    息を全部吐いてしまうので、お腹はへこんでいるはずです。

    2.鼻から6秒かけて吸う

    全部吐ききってしまったら、今度は新しい空気を体いっぱいに取り込みましょう。
    この時、お腹は膨らんでいるはずです。

    3.そのまま6秒キープ

    6秒かけてぱんぱんに息を吸ったら、そのまま6秒キープします。

    4.12秒かけて吐き出す

    初めと同じように、12秒かけて息を全部吐き出します。

    これをよもぎ蒸しに入りながら集中して行います。

    よもぎ蒸しに入ると筋肉量がアップするのですが、腹式呼吸をすることで、インナーマッスルも鍛えられます。

    筋肉はつけたいけど、運動は嫌な方に是非おススメしたいダイエット方法です。

    腹式呼吸がイマイチわからない方も大丈夫!

    当サロンの痩身コースを体験される方には、楽に腹式呼吸ができるようサポートさせて頂きますね!